読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弾き語り日記(弾き語りバカのブログ)

70~80年代のフォーク中心に自分の好きな曲をギターで弾き語りしています。時々、オリジナル曲も掲載。

426 君のもとへ(オリジナル)

オリジナル曲

「君のもとへ」は、20代後半で出演したライブハウス「四谷コタン」で歌おうと作った曲なのですが、結局やらずに未だにライブでは演奏したことのない曲です。自分なりに素直な詩がかけたな・・と思っています。オリジナル弾き語り25曲目です(笑)

君のもとへ

今僕の長い時は止まり 
楽しかった日々のことだけ 浮かんでは消えてゆく
冬の都会はさびしいね 
丸められた新聞紙の中で 昨日の夢が朽ち果ててゆく
めぐり合っては また別れゆく そいつが人生なんだね
でも僕には今でも君のぬくもりが 忘れられなくて
あわただしい都会から 抜け出して汽車に乗る
冬の扉を開けて あたたかな君のもとへ

 

ひだまりの中の ちっぽけな優しさが
時には欲しくなるときがある
冷めたコーヒー無理して飲んで 
背伸びしてたさびしがり屋の自分に今気が付いた
晴れた日には夜遅くまで 夢を語り合って
雨の日には一つの傘で 寄り添いあたためあった
そんなふたりだった
あわただしい都会から 抜け出して汽車に乗る
冬の扉を開けて あたたかな君のもとへ