読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弾き語り日記(弾き語りバカのブログ)

70~80年代のフォーク中心に自分の好きな曲をギターで弾き語りしています。時々、オリジナル曲も掲載。

385 一人芝居(オリジナル曲)

オリジナル曲

この「一人芝居」は20代前半に作りましたが、一度もライブで演奏したことは無い、お蔵入りのオリジナル曲です(笑)しかし女々しい歌詞ですな・・嗚呼、恥ずかしい(-_-;)
イントロ、間奏、エンディング無しです(笑)

一人芝居

坂道を君の姿を追って いつでも僕は走り続けた
去ってゆく君の心 止めるだけの言葉 探しながら
いつか二人 約束していたね 秋の砂浜を 歩くこと
指切りしたこと 忘れちまったの
何故 君は僕には 背を向けたの

ドラマのように さよならを
綺麗に演じるつもりだね
巡り合ったのが 罪なのなら 二人の思い出の
その全てが 嘘になる

さよなら そう言ってみたかっただけさ
さよなら 僕の演じた 一人芝居

 

あてもなく歩いて行くよ もう暮れて行くこの街を
君を愛した日々のことだけ この胸に抱きながら

もしも君が細い肩を雨に濡らしていても
傘はさしかけてあげられない
それが最後の君への強がりだから

さよなら そう言ってみたかっただけさ
さよなら 僕の演じた一人芝居・・
さよなら そう言ってみたかっただけさ
さよなら 僕の演じた一人芝居・・