弾き語り日記(弾き語りバカのブログ)

70~80年代のフォーク中心に自分の好きな曲をギターで弾き語りしています。時々、オリジナル曲も掲載。

49 さよならをするために(ビリー・バンバン)


さよならをするために(ビリーバンバン)弾き語り - YouTube

ビリー・バンバン」は「白いブランコ」で有名な菅原孝、進の兄弟二人によるフォークデュオ、「さよならをするために」は1972年のヒット曲だ。
ちなみに「ビリー・バンバン」というグループ名の由来は、アメリカのマンガでバンバンと拳銃を撃ちまくるビリーというキャラクターがいて、語呂がいいからつけたとのことだ。「いちご白書をもう一度」の「バンバン」と「ビリー・バンバン」は全くの別グループです(笑)

「さよならをするために」はドラマの主題歌でもありヒットはしたものの、この曲は作詞が石坂浩二、作曲も別の人なのでビリーバンバンは最初はいまいち嫌がっていたという話だ。

現在では、十年以上にわたり手がけている麦焼酎いいちこ」のCMソングでも有名。
しかし、今年の7月から兄・菅原孝が脳出血のため入院中・・早くよくなられて、あの素晴らしい兄弟のハーモニーをもう一度聞きたいものだ。