弾き語り日記(弾き語りバカのブログ)

70~80年代のフォーク中心に自分の好きな曲をギターで弾き語りしています。時々、オリジナル曲も掲載。

46 北山杉(うめまつり)


北山杉(うめまつり)弾き語り - YouTube

ご存じの方はたぶん少ないと思いますが・・京都のフォークグループ「うめまつり」が1975年に出したシングル曲。
実は僕も実際には、「うめまつり」についてほとんど知りません・・「北鎌倉」の岡本正さんがいたグループのようですが、岡本正さんはすぐに脱退されて「新生:うめまつり」としてこの曲を発表したとWikipedia情報にありました(笑)

中学時代にラジオから流れるこの曲をたまたま聴いて、「いい曲だなあ・・」と思った記憶があります。タイトルの「北山杉」もそうですが、歌詞に「四条通り」「清水の長い石段」「大覚の白い石仏」などの京都の風景が浮かび、ものすごく印象的だったので、その後京都に行くたびに、思い出すんですよね。この曲と「京都 大原 三千院」って曲と・・(笑)

あの頃 二人は 大覚の白い石仏 触れたり見たり
青春色の京都の町を 静かに 静かに 歩いていました

あの頃 二人は 清水の長い石段 登って降りて
青春色の京都の町を 静かに 静かに 歩いていました

京都を舞台にした恋を描いた曲で、「青春色の京都の町か・・大学行くなら京都もいいな・・」とかイメージも持ってました(笑)
叙情的な歌詞であり、一度カバーしたいと思ってましたので、youtubeで聴ける原曲と他の方のカバーをコピーして演奏してみました。この曲をよくご存じの方には「ちょっと違うぞ」と突っ込まれそうですが・・(笑)