弾き語り日記(弾き語りバカのブログ)

70~80年代のフォーク中心に自分の好きな曲をギターで弾き語りしています。時々、オリジナル曲も掲載。

447 夕陽に別れを告げて(サザンオールスターズ)

「夕陽に別れを告げて」はサザンオールスターズの1985年の2枚組アルバム『KAMAKURA』(カマクラ)の収録曲。桑田さんが青春時代を過ごした鎌倉学園高等学校での思い出を唄った曲です。6月度久喜フォークソング愛好会での弾き語り。

446 明日の前に(吉田拓郎・堺正章)

吉田拓郎がつくり、堺正章が歌った1975年リリース「明日の前に」です。拓郎もフォーライフレコードを設立後のアルバム「明日に向って走れ」でセルフカバーしています。
この曲の歌詞の中では、人生を色々なものに例えている・・「流れ星」「一人芝居」「はぐれ雲」「めぐりめぐる」・・いずれも人生の例えとしては、何となくこの歳になるとうなずける(笑)昭和の名曲ですね。

445 顔(長渕剛)

長渕剛の「顔」は1980年の3枚目のアルバム「乾杯」の収録曲です。
当時トンガっていた長渕の意気込み?を感じます。

「僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きてゆかなければ・・」

 
そんな歌詞がこの齢になると、ちょっと新鮮で胸に染みるところもありますね。
高校時代に一生懸命にコピーした曲ですが、久しぶりのスリーフィンガーでもたつくところも・・ご容赦ください。

443 あの頃のまま(ブレッド&バター)

「あの頃のまま」は兄弟デュオのブレッド&バターの1979年リリースのシングル。
作詞作曲はユーミン(呉田軽穂名)であり、他に稲垣潤一も歌っている。(後にユーミンもセルフカバーのアルバムに、この曲を収録している。)曲のテーマは男女のことではなく、「男同士の友情」のようなもの・・大好きな曲です。
人生のひと節まだ 卒業したくない僕と
他愛ない夢なんてとっくに切り捨てた君・・
この一節がなんともせつないですね・・。
キーはオリジナルよりも、かなり下げて歌わせていただきました。
ハモはボーカルエフェクターで入れていますが、やはり2人の素晴らしいハーモニーには到底及ばないですね・・。

441 松田の子守唄(サザンオールスターズ)

「松田の子守唄」は1980年にリリースされたサザンオールスターズ3枚目のアルバム「タイニイ・バブルス」挿入曲。ドラムスの松田弘の初のメインボーカル曲。タイトルはフォークグループ赤い鳥の「竹田の子守唄」のもじりとのこと。
4月久喜フォークソング愛好会オフ会での弾き語り。